「@履歴書」は求人サイト「しごとナビ」を運営する株式会社リスの提供するサービスです。


@履歴書TOP > 履歴書送付状の書き方

履歴書送付状の書き方

履歴書で伝える前に送付状(添え状)で好印象を!第一印象が採用担当者のイメージを変える!

添え状とは

履歴書や職務経歴書を送るときは、必ず添え状をつけます。これは、ビジネス社会のマナーです。添え状は、応募書類に興味を持ってもらうためのものであり、採用担当者に読みたいと思わせるように、注意をひきつけるよう自己PRや志望動機などを盛り込んで作成します。

添え状は、つけて当然のビジネスマナー

FAXやビジネス文書を送るときは、必ず添え状をつけます。いきなりそれだけを送りつけるのはマナーに反する行為で、社会人としての常識を疑われます。
履歴書・職務経歴書を送るときもまったく同様で忘れずに添付したいのが添え状です。
これを応募書類につける人は少ないようですが、相手は面識のない採用担当者です。簡単な挨拶状を送付するのは、礼儀の点でも当然です。

自己PR文の利用価値が上がる

礼儀上欠かせない添え状ですが、ただそれだけのものではありません。それは自己PRとして活用すべきものでもあります。
履歴書や職務経歴書に書ききれなかった自分のアピールポイントは、この添え状を利用して書きましょう。
自分について知っておいてほしいことなど、職務経歴書に書くのはちょっと、と思われるようなことも、添え状になら無理なく書くことができます。
熱意を伝える『もう一つの手段』とも言えるのではないでしょうか。

応募書類に興味を持たせるインパクトを!

ただ、添え状に自己PRをくどくど書くのは逆効果という場合があります。添え状は、最初に目を通す物なので、長いと煩わしい印象を与えてしまい、履歴書や職務経歴書を熱心に読んでもらえなくなります。
添え状は、あくまでも応募書類を読んでもらうためのものです。それには、書類に書いた自分のアピールポイントを拾い上げ、添え状の中に適宜入れ込んで採用担当者の注意を引きつけるようなメッセージを載せて纏めてみることが大事です。

添え状作成の心得

手書き・パソコンのどちらでもよい。
手書きの文字は印象的だが、最近は添え状もパソコンで作成する人が多く、どちらにするかは自分の考えで決めて構いません。同封書類を手書きで作成されている場合には、手書きにするなど同封書類には合わせましょう。
用紙はA4サイズで1枚が基本
職務経歴書はA4サイズが一般的ですので、それに合わせて選定しましょう。
横書きにするのが一般的
ビジネスレターとして記載事項に数字や英字が含まれる場合を考慮すると、横書きを選ぶのが無難といえます。
文体は『です』『ます』調で統一
面識のない採用担当者へのあいさつも兼ねているので、『です』『ます』調を使った丁寧な書き方を心がけましょう。
関心を持たせる語句を入れ強弱をつける。
採用担当者は、関心を持った応募者の履歴書・職務経歴書はじっくりと目を通すものです。文面には担当者の注意を引くような語句を入れて、自分に関心を持たせるようにしましょう。

添え状の基本スタイル

添え状は、例のとおり、表題に続いて『拝啓』などの頭語から書き始めます。手紙を書きなれていないと堅苦しい感じがするかもしれませんが、正式な文書である以上、こうした決まり事を無視するわけにはいきません。「前略」というのは、『あいさつは省略する』の意味なので、添え状で使うと採用担当者に失礼になります。丁寧に『拝啓』で始め、終わりは『敬具』で締めましょう。こうしたことは、社会人としての常識的なマナーです。



 > Topへ戻る


履歴書入力(会員登録)画面へ